2015年8月26日水曜日

環境教育ネットワーク推進会議に出席しました。

お疲れさまです!なつはなです。

昨日から一転して今日は蒸し暑い1日になりましたね。

スタッフ「なつはな」は今日、午後から開催された「平成27年度 環境教育ネットワーク推進会議」に出席のため静岡駅南口すぐの「静岡科学館る・く・る」さんにおりました。

井川の村は街から比べると5℃は低いです。また県民の森ではさらに2℃は低いです。

街にいると、井川はどれだけ涼しいのかわからなくなってしまうし県民の森にいると市街地がどれだけ暑いのか、わからなくなってしまいます。

さてそんなお話はさておき今日の会議は、お堅いものではありません。

参加した団体は、さまざまです。一般の会社やNPO法人、大学生、市町の自治体、そして社会教育施設です。

県民の森は「社会教育施設」です。この会議の目的はお互いがもつ経営資源で、お互いに不足するところを、うまく補っていこうというのがねらいです。早く言えば連携を図ることですね。

県民の森は、豊かな自然に囲まれていますが、それは裏を返せば「街から離れている」それ以前に、「存在自体を知らない」といった課題もあります。

道路の改良についてはすぐに解決することは困難ですが施設の宣伝活動は可能ですし、やっていく必要は大いにあります。

会議に出席してたくさんの方に出会うことが出来ました!これからもつないでいきたいと思います。

こうご期待!来春開館!「ふじのくに地球環境史ミュージアム」↓
 
 



0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...