2019年5月28日火曜日

フデリンドウ

ロッジ前の道を歩いていたら、偶然目に入ってきたこの植物。
非常に小さくて、高さが3センチほどしかない。
リンドウの仲間だとはわかったけれども、初めて見るので一応図鑑で確認しました。
葉が肉厚な感じのフデリンドウ。
特別に珍しいといった植物ではないようですが、初の出会いにとても嬉しくなりました。

さらにこの日は、アミガサタケも発見。暖かくなっていろいろな植物が顔を出し始めたようです。


ニョキニョキと地面を割ってでてきました


横にあるマイヅルソウの葉だって小さいのに。

2019年5月8日水曜日

10連休が終わりました。

平成から令和に移った記念すべきこのGW。非常に多くのお客様にご来園・ご宿泊いただきました。前半は、雨が降って温度が上がらない、夕方は雷が鳴り雹になるなど、不安定な天気が多かったものの、後半は非常にいい天気に恵まれ、まずまずのGWでした。
例年だと、やや人気がない常設テントも直前になって予約が入り、どの施設もにぎわいました。来年はテントに泊まってみたいとか、ログハウスに泊まりに夏にまた来るよとか、非常にありがたい声を多くいただきました。GW終盤になるとスタッフは少し疲れが見え始めたものの、このような声が大きな励みとなり、息を吹き返しまた頑張れました。
やっぱりお客様の笑顔が一番です。
さて、5月の後半から6月にかけてが県民の森は狙い目です。新緑の時期、ハイキングやキャンプにもってこいです。週間天気を確認してからでもいいので予約を入れてくださいね。

手持ち花火が園内ではできます。


子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...