2017年11月26日日曜日

産業フェア

恒例の産業フェアに出展してきました。
林業ゾーンの一角を井川森林組合と県民の森でお借りして、井川産の材からできた商品を販売しました。
県民の森は、雑木の幹をスライスしたものに、焼きペンで絵を描き、色つけをすることを子供さんを中心に楽しんでもらいました。少しでも木に触れてもらえたらという想いからです。焼きペンで絵を書いていると、木の少し焦げた匂いがして「わぁいい匂い」と言ってくれたり、スライスされた木を見て、「これはなんの木?」とか質問があがったりして、そんなコメントがうれしかったです。
もっともっと子供に興味を持ってもらいたいと思う時間でした。
個性あふれる素敵な作品ができました

2017年10月22日日曜日

井川自然の家で研修

あいにくの天候でしたが、自然体験活動指導者育成講座に交ぜてもらい、スタッフ一同で研修してきました。
一泊二日の研修でしたので、この機会に宿泊もさせてもらってきました。
食事もついているので至れり尽くせりな感じ。うちの素朴なキャンプ場とは違いました。
研修は、アイスブレイクやネイチャーゲーム、ウォークラリー、星空観察に至るまで、自分たちには有益なものばかりでした。
来シーズンに導入したい面白いネタも手に入れたので、乞うご期待 笑

写真はビジターセンターで、井川のまちあるきガイドさんからお話を伺っている時の様子。住んでいるのに知らないことも。勉強になりました、ありがとうございます。

2017年10月12日木曜日

紅葉してきました

県民の森にも紅葉の季節が近づいてきたようです。
ヤマザクラ、ノブドウ、ツタウルシなど。
道路わきなどの太陽がよく当たるところから、紅葉していくような気がします。

写真はツタウルシ。緑から黄色、黄色から赤へ、移りゆく季節がここに凝縮されて見て取れるような気がします。
ただ、この植物は触ったり近づいたりするとかぶれる事がありますので(しかも強烈に)少し遠くから楽しむようにしてください。

2017年10月5日木曜日

ツチアケビ

秋が深まり、月も輝きを一層増しているようです。
食欲の秋。キノコや山葡萄、サルナシなどが山のなかで食べ頃を迎えています。
先日、村の中を歩いていると、ぎょっとするような色を発見。なんだか寄せ付けない雰囲気を醸し出すこの植物。ツチアケビというそうです。緑色の葉はなく、根が菌類と共生してこの植物を成長させます。アケビは食べるけど、こいつはまるで食欲をそそらない。いちおう、ひとつとって割ってみたけどやっぱり無理のようでした。

2017年9月28日木曜日

井川地区運動会

23日は旧井川小学校で地区の運動会が行われました。
天気が心配されましたが、雨がやみ、青空が覗きはじめるという、非常に過ごしやすい天気の中で開催されました。
井川地区は超高齢社会の地区で、おそらくこの日も非常に平均年齢が高かったはず。
村の中でも小高いところにある旧小学校は、僕でさえ歩い行くのが億劫になるほど。それでもこの小学校に足を運んで、一緒に楽しんでいる村の人をみたら、やっぱり大切な行事なんだと感じました。
写真は玉入れの様子。カテゴリーに60歳以上とかがあるのが面白い。

2017年9月19日火曜日

秋晴れの1日

台風が過ぎ去り、昨日今日と穏やかな日和となりました。
遊具やステージなどの塗装の剥げたところを、再塗装しています。
天気がいいので、乾きは抜群。
陽灼けしていた木もいい色になりました。
写真はカエデの広場のステージの苔をタワシやヤスリでこすり落としている様子です。
スタッフみんなやり始めると夢中。腕や脚が筋肉痛気味ですが、わりとこの作業が好きなようです。

2017年9月10日日曜日

イベントを視察

休日を利用して、静岡県立森林公園内にあるバードピア周辺で行われたイベント「輪.com」を見てきました。クラフト作家さん、移動飲食販売車、アーティスト等70以上もの出店がありとても盛り上がっていました。駐車場に入るのもなかなか時間がかかってしまうくらいの混雑。集客力がすごい催しだと思いました。ファミリーで来園されている方がとても多く、子供にも楽しい場所だと感じました。お店を出している方々も、みなさんとても温かく、こちらもほんわかとした気持ちになりました。
ちなみにこちらの気温は30度越え。県民の森では考えられない暑さでした。
避暑をプラスして、県民の森にこういう場所を出現させるのもいいなぁと感じました。

産業フェア

恒例の産業フェアに出展してきました。 林業ゾーンの一角を井川森林組合と県民の森でお借りして、井川産の材からできた商品を販売しました。 県民の森は、雑木の幹をスライスしたものに、焼きペンで絵を描き、色つけをすることを子供さんを中心に楽しんでもらいました。少しでも木に触れてもらえ...