2015年5月22日金曜日

高原にも春がやってきました。

このところ、1日の気温差が大きくなっています。
今朝は最低気温が6℃ほどでした。昼過ぎから徐々に気温が上がり18度くらいまで上がりました。

ほんの少し下がってくると、どんどんと暖かくなってきます。県民の森は本当に標高が高いなぁと実感してしまいます。

県民の森の少し手前にある「リバウェル井川スキー場」では、いろんな花々が綺麗に咲きはじめています。

今日のお昼にNHKで放送されていたハイキング関連の番組の中で今年は例年よりも「紅満天星」や「サラサドウダン」が早く咲いているという話もありました。

井川、県民の森でも、見ごろは近いかもしれませんね。

今月末には「新緑の森観察会」が開催されます。例年にも増して、たくさんのきれいな草花に出会えることを心から願っています。




0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...