2015年9月27日日曜日

「きのこ観察会」


みなさま、お疲れ様です。スタッフの「なつはな」です。

26日土曜日から12日の日程で「きのこ観察会」が行われました。

朝、井川の本村を出発した時にはくもり空で雨は降っていなかったので、「雨の心配はないのでは?」と期待していたのですが標高1500メートルの県民の森に近づくにつれて次第に雨が降り始めてしまい、日中も小雨が続いてしまいました。

土日の気温は15℃から16℃くらいと、じっとしていると肌寒いような気候でした。

できればお天気をコントロールしたいですがこればかりは何ともなりません…。

それでも、みなさん元気にきのこ狩りに出かけて、たくさんのきのこを採取してこられました。

採取したら、さっそく専門家の先生に同定して頂きます。河村先生は藤枝市にある「河村式椎茸研究所」の代表を務めているプロ中のプロです。

シイタケやきのこは本当に種類が多いので全部を覚えることは大変ですが、なじみのあるものや、美味しいものなどはいくつか覚えられたのかなと思います。

みなさん夕食は、さっそくきのこ三昧で美味しく召し上がっていただきました。

ご参加頂きました皆様、本当に有難うございました!
 
ロッジ・ホールでキノコの判定会です↓
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...