2015年10月31日土曜日

今年の最終イベント!

みなさま、お疲れさまです。スタッフの「なつはな」です。

ようやく訪れた週末、いかがお過ごしでしょうか。

紅葉観察会が終わって以降、また再び秋の色が濃くなってきました。
昨日は、日中でも約10℃ほど。よく晴れていましたが強い風も吹いて体感的にも非常に寒々しい1日となりました。

さて本日は今季、県民の森最後のイベント「きこり体験と井川湖畔廃線ウオーク」が1泊2日の日程で行われております。

幸いお天気も良好!(やや風が出ていますが)1日目の今日は、間伐体験です!

市街地に暮らす方々にとっては林業という世界は、なかなか想像ができないものだと思います。

かくいう私も、お恥ずかしながら経験も知識も乏しいので胸を張って説明できることはできませんが、林業の果たす役割は意外にも、すそ野が広いものです。

難しいお話は、ここでは抜きにして木を切るには、どんなことから何をするのかなど安全に楽しく体験できるようになっています。

 

明日は井川湖畔に移動して、廃線ウォークや井川の食材を使った、おそばなどを召し上がって頂きます。

日常の生活から離れた山の中の体験は、きっと印象深く記憶に残ることでしょうね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...