2016年8月22日月曜日

こども自然体験キャンプが終わりました

みなさま、お疲れ様です。

本日、こども自然体験キャンプが無事に終了いたしました。

私、往復とバスに添乗員をさせていただきました。何より毎年バスに酔って、吐いてしまったりする子が必ず出るものですが今年は、なんと?吐いてしまう子は往復1人も出ませんでした!

なかなか、やはり可愛いこどもが苦しむところを見るのは耐え難いものですので…

私は、ずっと付きっ切りでいたわけではありませんでしたが、子どもたちにとって2泊3日のキャンプ生活は、本当に、心に残る日々となったと思います。

講師の先生方の子どもにかける思いの深さや若い男女のリーダーたちの子どもに接するレベルの高さに私は、本当に胸を打たれる思いです。

普段、家では当たり前のようにしていることも、県民の森では通用しません。

自分たちが進んでやらなければ、何もできません。

不便なキャンプ生活を通して、毎日どれだけ便利に生活できているかを身をもって知ってもらえたと思います。

県民の森は気温が平野部と比較して10℃近く違う日もあります。

気温の変化で体調を崩さないように、今晩はぐっすり休んで欲しいなと思います。

2泊3日のキャンプ生活本当に、よく頑張りましたね!
また大事なお子さまを、ご参加頂きました保護者のみなさま、本当にありがとうございました!

またご家族等で遊びに来てくださいね!

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...