2016年12月14日水曜日

トンネルがほしい

 なかなか雨があがりませんねぇ。雪でなくホッとしています。(スキー場は困りますが)
先日井川の最高齢者(106歳)だった方がお亡くなりになりました。高齢化が加速し、これからは過疎化が急速に進む事が予測されます。こども園は一昨年から休園、小、中学校は一貫校(これは人数の関係ばかりではありませんが)になりました。若い方がUターンできない要因として考えられるのは井川には働く所がない事です。現在は建設業か林業しかありません。よって帰ってこられる方も定年してからが殆どとなります。市内までは車で2時間弱かかりますので井川に住みながらの通勤も困難です。(首都圏等では2時間の通勤は当たり前かもしれませんが、井川の場合は冬場の雪道を車で通勤しなければなりません)。井川で職場を増やす事は困難ですので通勤時間と冬の雪対策ができれば通勤することも可能となります。JRのリニア工事も行われる予定ですので、今後交通量も増えます。そこで井川にほしいのはトンネルです。トンネルは井川住民の長年の夢です。夢が現実にならんかなー。

 本日106歳でお亡くなりになった方の通夜がおこなわれますが、井川では葬式ができにくい環境ですので殆どの方が街中で行っています。これも労力もお金の負担も大きいです。どうにかせねば。私も往復3時間以上かけて通夜に行ってきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...