2016年12月15日木曜日

チェーンソー研修に行ってきました

天気もよく穏やかな1日でした。
今日は島田市まで研修に行ってきました。
組合のなかでチェーンソーを使用する人のほとんどが参加したので、組合車がこぞって島田へ向かって走って行きました。
なかなか林業の労働災害が減らないため、定期的にこのような研修を行うことになっています。
研修のなかでは、過去にあった悲惨な重大事故例のお話を聞きながら、基本が大事だということや慣れは禁物だということを学びました。痛い目を見るのは自分ですが、労働災害という性格上、会社にも大きな損失となること。気の抜けない機械を扱っていることを再認識し身の引き締まる思いでした。


写真は機械をバラし、中をクリーニングしているところです。長い間木くずやゴミが溜まっていたところが綺麗になりました。この後、目立てをして、実際に玉切りをしましたが、僕の目立てのレベルは中の下でした・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...