2016年10月6日木曜日

ホコリタケ

この時期やたらと目立つキノコです。
若い時は真っ白で、徐々に灰色がかり、その後写真のような色になります。
真ん中に穴が見え始めると、胞子を放出する段階です。
雨や、動物などの刺激でポシュッと煙のように胞子を出します。なんとも面白いキノコ。
指でつまむと噴火したように煙を出すので病みつきです。一度お試しあれ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...