2016年10月23日日曜日

唐松(カラマツ)の黄葉(こうよう)

 カラマツは日本の針葉樹のうち唯一の落葉樹です。落葉することから「落葉松(ラクヨウショウ)」

とも呼ばれます。

 
 
 
 
 
 
県民の森では黄葉したカラマツに夕日が当たった時は黄金色に見え、それは鮮やかです。

材は杭、集成材等に使用されます。昔は電柱に使用されたため盛んに植林されたそうですが、

伐期をむかえた今では...............................................


昨年11月撮影

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...