2016年10月12日水曜日

アサギマダラがまだいた

 アサギマダラは旅する蝶として有名です。県民の森には6月ごろ姿を見せ始め9月末には移動が

完了します。年々飛来する個体数が減っています。動物の食害によりヒヨドリバナが減ったせいで

しょうか?

今日は10月12日です。だいぶ寒くなったのにまだいましたよ。早く出発しなさいよ。

なぜ渡りをするのか研究でも特定されていないそうです。中には2000kmも移動する個体もいる

そうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...