2016年5月22日日曜日

「しいたけ教室」無事に終了です

今日も本当に1日を通して、よいお天気に恵まれました。

今日私は、県民の森で初めて春蝉の合唱を聞きました。まるで初夏のような雰囲気です。

梅雨入り前、日中暑い時間帯もありますから服装の調整が大変ですね。
しかしながら県民の森は1日を通して、すがすがしい陽気に包まれていました。




さて今日は「しいたけ教室」の2日目です。

午前中は林業体験です。林業で1番の花形は、やはり立木の伐採でしょうか。

県民の森スタッフの説明と指導のもと、伐採(本日は間伐体験)開始です。

チェンソーは普段の生活とは、ほど遠い存在ですね。ブウーン!と、うなるエンジン音だけでも迫力があるかもしれません。

受け口、追い口は(チェンソーで切れ目を入れる)木の倒れる方向を決める大事な作業です。

みなさん、スタッフの説明に興味津々でした。

細い木でも倒れる時は、そこそこ豪快です。実際の林業の現場では、大きな木を切るので、それはそれは大迫力です。

この2日間、ご参加いただきました皆さま、本当にありがとうございました!
日常から離れてよいリフレッシュになったらいいなと心から思います。

またぜひ、県民の森に遊びに来てくださいね!スタッフ一同、お待ちしております。



0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...