2016年5月8日日曜日

井川地域の村おこし


地域おこしに取り組む方々が標高1,100メートルにある高地で行者にんにくを栽培しています。

井川では行者にんにくが、食卓にあがることがあります。「なぜ行者にんにく」というのかというと修行者(行者)が山の中で修業期間中に食べていたことが由来のようです。

井川地域では、井川在来野菜や行者にんにくなどをはじめ、音楽なども含めてさまざまなことを用いて村おこしを実行しています。

これからも井川から発信される情報に、どうぞご注目ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...