2016年11月23日水曜日

大井神社(小河内)秋の例大祭

曇り空の一日でした。午後は風も出始め、気温が低くなってきました。
井川の奥にある小河内集落では、七五三の儀式や、五穀豊穣を願う、お祭りが行われました。静かにではありますが集落ならではの温かみの感じられるものでした。
この集落は近年、在来作物や焼畑がメディアに取り上げられ注目されています。
こういうものが残ってこそ、農業が残っていけるような気がしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...