2010年7月18日日曜日

アサギマダラ


  昨日はヤナギラン畑の草刈りをしました。ご協力いただきましたボランティアの皆さん大変ありがとうございました。
 県民の森も一昨日より好天に恵まれ、アサギマダラが見られました。
アサギマダラは遠く1000km以上離れた所まで飛んでいくことがしられています。
春、種子島など南の地域でさなぎからかえったチョウは風や気流に乗って日本列島を北上して、6月になると県民の森でも時々みかけるようになります。このチョウはイケマという植物に産卵して死んでしまいます。卵からかえった幼虫はこの葉を食べて大きくなり、さなぎになって、8月ごろ成虫になります。成虫はヒヨドリバナでたくさん吸密して、夏の終わりになると南のほうに向けて移動を始めます。
写真は静岡市から知多半島に飛んだアサギマダラです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...