2018年7月4日水曜日

ヤナギラン

高山植物として知られるヤナギランですが、県民の森の周辺では、リバウェル井川スキー場(写真)や山伏で見ることが出来ます。スキー場のヤナギランは今年は早くに咲き始めたようです。スキー場のオープンがもうすぐなので、そこまで持つとうれしいのですが・・・。山伏の方は例年8月に入ってから見ごろを迎えるので、まだこれからです。
今年はぜひヤナギランを見に来てくださいね。
さて、この植物、山火事の後や伐採地等、かく乱地でよく見られるとか。ということは、燃えてしまってもまた生える力を持っている・・・すごい事ですね。山伏は近年、笹に覆われてしまい、ヤナギランが減ってしまったと言われています。しかしながら、おそらくは笹が減ればヤナギランの種子がどこからか飛んでくるはず。うまくできていますね、ほんと。
ヤナギランー下から順に咲いていきます
ちなみに、ヤナギランの後ろに見える、白っぽい葉っぱは「ギンドロ」というポプラの仲間。個人的に好きな植物なんですが、これもかく乱地を好む植物。いろんな戦略で生きているものです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

梅雨明け

例年より早い梅雨明けとなりました。 西日本の水害が想像以上に酷く、さすがに心を痛めています。 自然との向き合い方を見なおさなければいけないと、改めて感じました。 これからの季節、県民の森は午前中は天気がいい、午後は曇りだす、というのが通常です。 雷雨に逢うことも多々あり...