2018年5月30日水曜日

オレンジ色の肌

県民の森の中を歩いていると、他の企図は明らかに違う写真の様な樹肌をもつ木に出会います。結構大きなものもあります。
スベスベとした肌なので中にはこの木をサルスベリと言う人もいいます。
よく庭木に使う百日紅(サルスベリ)とは全く違って真っ白な花が咲きます。少し小さめなのであまり目立たないかもしれませんが。
個人的に大好きなのが、この木を見つけたらほっぺたを擦り寄せる、抱き付くことです。
ちょっと変な人にもきこえますが、冷たくてスベスベしていてほんと気持ちいいんです。
ぜひやって見てくださいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...