2017年6月1日木曜日

モリアオガエルの卵

なかなか街では見かけることが少ないモリアオガエルの卵。
山間地では、割と普通に見ることができます。県民の森にも何箇所か毎年卵塊が見られる場所があります。
数えたことはありませんが、500 匹はオタマジャクシがいるのではないでしょうか。小さい体でよくもこんなに大きな塊を生み出すパワーがあるな、と感心します。
これから雨がよく降る時期になると、少しずつ塊が水っぽく垂れていきます。この変化を見るのが楽しみな遠藤です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...