2014年5月31日土曜日

園内紹介

このところは県民の森も1日を通してよく晴れ渡っています。

先日スタッフ3名で、主にテントサイト付近の遊歩道に沿って歩きながら枯れて倒れそうな支障木を伐採する作業を行いました。

県民の森は手つかずの自然をそのままに出来るだけ人間の手を加えないようにしていますが枯れてしまったり、腐ってしまった木は、いつ倒れてしまうか分からないため事前の伐採が必要です。

遊歩道から流れの広場に来て、テントサイトに向かって歩いていると道の脇を流れる小さな小川から、カエルの声が聞こえてきました。小川には、よく見ると小さいオタマジャクシがたくさん泳いでいました。水は澄んでいてとても綺麗です。

オタマジャクシの可愛い姿にとても心が癒されました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...