2010年6月16日水曜日

さすがの県民の森も

 今日はさすがの県民の森もむしむししました。急に気温があがったためかエゾハルゼミがなきはじめました。例年より少し早い気がします。「ミョーキン、ミョーキン、ケ、ケ、ケ」文字で表すとこんな鳴き声です。静岡県内にはブナ林に住むセミが4種類いるそうです。県民の森にはそのうちエゾハルゼミとコエゾゼミが生息しています。エゾハルゼミはヒグラシよりやや小形で、形や色はよく似ています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...