2017年7月6日木曜日

九州は大雨

おとといの雨で、口坂本線(県道27号線)が上落合付近で崩れ、通行止めになってしまいました。ひどい雨でした。しかしながら全国に目を向ければ、山陰から九州にかけて信じられないくらいの雨が降っています。避難をよぎなく余儀なくされている方も多数いてニュースを見ては、心配しています。ここ数年、本当に雨の降りかたが異常な気がしています。人間活動の影響でこうなってしまっているとしたら、生活の仕方そのものを考えないといけないかもしれませんね。
県民の森は雲が多いものの、比較的穏やかな1日でした。アサギマダラが舞い、ミヤマクワガタもやってきています。そんな日常と九州の雨が同じ日本で起こっていること、頭の片隅におきながら、精一杯環境について考えたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...