2010年12月23日木曜日

鹿のスペアリブ

昨日は仕事仲間の武田さん(猟師)に鹿肉を頂きました!「これに味塩をパラパラふって食べるとこれが美味いんだよ~」とニコニコの武田さんが満面の笑顔でいったので家で料理してみました。写真は完成品ですが、調理はまさに、スリルとサスペンス。ちょっとしたホラー映画。度胸をためさせるサバき作業付き。骨を包丁やはさみ、しまいには鉈でカットしまして。暗い中 外でヘッドライトをつけての作業はなんとも言えないです。姉とともに あーだ こーだ 言いながらやっとカットできました。鍋で下湯でをし、味付けをし、トースターで焼いて完成です。これが美味い!小5の姪も 初めは 抵抗があったのですが パクパク食べていました。柔らかくてクセも無く美味しかった!

下の写真は昨年、現場でお昼に食べた鹿鍋です。冬の山林作業はとても寒いですが 温かいものを食べて嬉しかったです。味噌味の鹿鍋はダシが効いてて美味しかったです!




0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...