2017年3月6日月曜日

裾枝払い

森の中が暗くなり、除伐(間伐)と同時に裾枝払いを行っています。植林してから15年くらい経つヒノキ林。幹の太さも10センチを超えるものが多くなっていました。主に手鋸で枝を打っていくのですが、やっただけ林の中が明るくクリーンになっていくのがわかります。なんとなく空気もきれいになっているような。2メートルくらいまで下枝を落とすと奥の方まで林が見通すことができ爽快です。管理されている林だな、と印象付けられるような景観になりました。これからもスクスク育ってね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

子どもたちの声はじける夏

超大型の台風、猛暑・・・もはやそれさえも異常気象と呼ばれなくなってきたこの頃ですが、県民の森は安定した涼しさです。最近は20℃を切る日も出てまいりました。 トンボも多く飛び、秋がかなり近くまでやってきているようです。 恒例の自然体験キャンプ(小学3年生から中学2年生対象...